オリジナルTシャツの活用術

デザインデータの作り方

おしゃれなTシャツ

自分でオリジナルのTシャツを作成しようと考えた時。
「こんなものが作りたい」というイメージが合っても
やはり難しいのがデザインではないでしょうか。

表現しようとすると中々難しいものですが、それを
Tシャツに載せるとなると、更に細やかな配慮が必要になります。

オリジナルTシャツのデザインデータの作り方には、
業者によって様々な方法があります。

素材

昔からある方法としては、専用の用紙に手描きで描いた
デザインを郵送やFAXで送り、業者側で校正等を加えて
データ化するという方法です。http://www.holidayhomenz.com/

インターネットが普及するようになってからは、Webフォームや
メールにデータを添付することでデザインを送る方法が主流となってきました。

クラス全員の名前など、印刷文字が多い場合には、印刷範囲を指定して
実際に入力する文字列はメールで送信ということも可能です。

途中

また、業者側で用意されたデザインを組み合わせて
簡単にデザインを作成できるところもあるので、
絵に自信がないという方でもTシャツのデザイン
しやすくなってきました。

デジタル化が進んでいるとはいえ、学校のクラスTシャツ等では
その手軽さから手描き原稿の需要も低くありません。

デザインデータの作り方にはこのように様々な方法がありますので、
ご自分のやりやすい方法でオリジナルTシャツのデザインを作成しましょう。